忍者ブログ
我が家にやってきた!楽しい彼らが^^
[5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の父は動物が大好きで、その影響で私が生まれる前から、
家の庭で犬を飼っていました。

大型犬を飼うことを学生時代から憧れていた父は、アフガンハウンドという
大きくて毛並みが綺麗な犬を「シーザー」と名づけて大切に飼ってました。

私も生まれた時から、一緒にいるので、犬に対して怖いという感情は一切なく、
近所の大型犬や、時には土佐犬にも自分から近づいて、頭をなでようとする子供だったそうです。

そんな、シーザーは私が小学校の時に病気で亡くなってしまいました。

とても、悲しかったことを覚えています。母も泣いていました。

普通、飼っていたペットが亡くなると、その悲しみから新しいペットは飼えなくなると聞きますが、
父はすぐに新しい犬を飼い始めました。その後も亡くなっては新しい犬を飼いました。

犬種はボクサーという大型犬です。ボクサーももちろん可愛かったですが、私は、密かに
小型犬を室内で飼う事を夢見ていました。

その夢を8年越しに叶えたのは、大学生の時でした。

バイト代をためて、親に内緒でペットショップのミニチュアダックスフンドを飼ってきたのです。

最初は、驚いて呆れられましたが、家族共に犬好きなので「ポッケ」と名付けたその子犬はすぐに
我が家のアイドルになりました。

寝るときも一緒の布団で寝て、お散歩もたくさんしました。

帰りが遅くなると、いつまでも私が布団にくるのを待っていてくれたそうです。

今は、結婚して私は実家にはいませんが、家に帰ると変わらずに、しっぽをふって熱烈に歓迎してくれます。




PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2018 我が家にやってきた! All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]